リフォーム

浴室のリフォーム

身体の汚れを落とし、1日の疲れを癒す「浴室」は、快適性を重視してリフォームしたいものです。ここでは「浴室リフォーム」のノウハウと事例を中心に、役に立つ情報をまとめました。ぜひご活用ください。

浴室のリフォームのポイント 戸建て対応 マンション対応

「浴室」は単に「身体を洗う場所」ではありません。1日の疲れを癒し、心からくつろぐ事ができる場所、心豊かな生活に欠かせない「リラックスタイムのスペース」ともなる場所です。

だから今よりもっと快適なバスルームにできれば、お風呂タイムがさらに楽しみになるでしょう。「浴室」のリフォームは、やり方自由!マイスタイルに合う「浴室リフォームを」見つけて、ぜひプランニングしましょう!

浴槽の「種類」

浴槽は「大きさ・またぎ込みの高さ・形態・素材」等・・・様々なタイプがあり

それらによって浴室の環境が決まってきます。

 

そのため、浴槽を選ぶ際にはプランニングが大切となります。

システムバスの場合は、大半は「浴槽のタイプ」によって決まってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●浴槽の種類

・和式

深さがあり、ひざを曲げながら入るので「肩までつかりたい人」向きです。

ただ、この入浴スタイルは水圧による影響で「心臓病・高血圧の人・高齢者」には不向きという指摘もあります。

基本サイズ:「長さ/80〜120cm・深さ/60cm」

 

・洋式

浅く長い浴槽で、寝た姿勢で入浴できるので、身体に無理な負担ををかけません。

ただし、身体が浮くことがあり「肩までつかれない」というデメリットがあります。

また、滑りやすく立ち上がりにくいので「滑り止め・手すり」が必要です。

基本サイズ:「長さ/120〜180cm・深さ/45cm」

 

・和洋折衷式

「和式・洋式」の長所を合わせたハイブリッドタイプ。

肩までつかれ、適当に身体を伸ばすこともできます。最近はこのタイプの製品が多くなりました。

基本サイズ:「長さ/110〜160cm・深さ/60cm」


●浴槽の素材

・FRP
ガラス繊維で強化した「ポリエステル樹脂」を使用、素材として最も普及しています。

なめらかな素材で、カラーバリエーションも豊富です。

デメリットは「汚れ・傷がつきやすい」等ですが、材質の改良が進んでいます。

 

・ホーロー
「鋼板ホーロー・鋳物ホーロー」があります。

「鋳物ホーロー」の方が重量感があり丈夫で「錆・腐食に強い」等の特徴があります。

いずれもガラス質のホーロー層で仕上げられているので、特有のなめらかな肌ざわりと美しい色が楽しめます。

2階の浴室に置くには荷重対策が必要です。あとは、落下物での傷をつけると、そこから錆びるので充分な注意を。

小さな傷はすぐにメンテナンスすれば大丈夫です。

 

・ステンレス

「傷・錆に強い・清潔な状態を維持しやすい」点が人気の理由です。

裏面に保温材を吹き付けてあるので「保温性能」にも優れ、申し分のない浴槽といえます。

 

・人工大理石

FRP系の高級仕様で、天然大理石風の色調と樹脂素材を生かした加工性のよさ、肌ざわりのよさといった特徴があります。

豊富なカラーバリエーションも魅力です。

浴槽に必要な浴室の「広さ」

まず浴室の広さの検討が必要です。

 

既存建物の制約がありますが、のびのびくつろぎたいのなら

最低「1坪程度(洗い場:1200×1000mm)」

あれば余裕でしょう。

 

 

 

 

●最低限必要な「浴室の広さ」

これまでの標準サイズは「0.75坪」程度でしたが、ゆとりをもって最低「1坪」程度あれば余裕です。

リフレッシュ空間としての役割が見直されつつある今「1.25坪」を超える大きな浴室も登場しております。


●最低限欲しい「洗場の広さ」

洗場での「人の動作」には「最低限必要なサイズ」があります。

身体を洗うときに「ひじが壁に当たる・かけ湯が浴槽に入る」などがあれば「洗い場の面積としては不充分」です。

不都合のない洗場の大きさは「1200×1000mm」あれば余裕なスペースとなります。

 

「在来工法・システムバス」について

浴室には大きく

・在来工法

・システムバス

の2種類があります。
「在来工法」は、家の大きさを合わせて「浴室」を造り上げます

「システムバス」は、メーカー製造の既製品を現場で組み立てるものです。

 

 

 

 

 

●在来工法の「特長」

家ごとの「条件」に合わせて造ります。そのため特殊な条件下での浴室でもぴったりフィットします。

デメリットは「工期が長くかかる・工費も高く」なります。

また職人のレベルによって、仕上がりにもバラつきが出ます。


●システムバスの「特長」

メーカーが工場で製造する「床・浴槽・壁パネル・天井パネル・ドア」の各パーツを選び、現場で組み立てるものです。

軽量で工事が簡単なため、工費も安くつきます。工場生産のため、性能が均一です。デザインやグレードのバリエーンョンも豊富です。

ただし、規格サイズのため、スペースが合わないと使えない場合もあります。

浴室の「選び方」
  • 1. 面積の確認

    「浴室の幅」・「浴室の奥行き」の2辺の長さと高さを測ります。内形寸法なので、浴室内からサイズを測れます。

  • 2. オプション設備の選択

    浴槽・壁・床の色は、同じ料金でたくさんの色から選びいただけます。

  • 3. メーカーを決める

    「三島のリフォーム」でのお取り扱いしているメーカーは、全般的に国内主要メーカーとなります。
    表示のないメーカーやモデルにつきましても、適時対応いたします。
    お気軽にご相談ください。

  • 4. 現地調査(無料)を申し込む

    現地調査では3つのことを行います。「(1)ヒアリング・(2)採寸・(3)現状確認」。施工担当者が伺います。キッチン製品の「カタログ」をお持ちします。ぜひ、現地ではご希望やご相談をお聞かせください。

浴室のリフォームの施工事例その他の施工事例を見る

浴室のリフォームの流れ

当社ではお客様のご希望を踏まえた上で、最適なプランを提案させていただいております。より正確で満足度の高いプランとお見積もりから施工後のアフターフォローをさせていただくため、下の流れでリフォーム工事をさせていただいております。

ご相談 現地調査 見積・提案ご契約 リフォーム工事 アフターフォロー お電話やWebフォームで、現在のお住いの問題点や、ご希望とされている住ま ご提案のリフォームプラン ご納得いただいたリフォ 末長くご利用いただくため

浴室のリフォームについて相談する

住まいについて、リフォームについてのこだわりやご予算、お悩みや心配事など、なんでもお電話やWebフォームからご相談ください。当社のリフォームアドバイザーがお客様のご要望をお伺いした上で、最適なご提案をさせていただきます。
しつこい営業などは行っておりませんので安心してご連絡ください。

page top